2016年10月28日金曜日

MFクラウド(マネーフォワード社)に乗り替えました

昨年から、私の個人会社の会計ソフトは、某F社のものを使っており、預金やカードの自動読み取り機能を中心として、これはこれで大変に使い勝手が良いと感じておりました。
当面はF社のもので大丈夫だろうと思っていたのですが、知人から、もっと会計人に適したクラウド会計ソフトがあるという話しを伺って、最近TVコマーシャルもやっている(らしい)、マネーフォワード社のMFクラウドを試してみました。

クラウドの会計ソフトは2つ目だからか、割と簡単に登録、導入はできました。導入から、仕訳処理に至る一連の流れは、本質的には、F社のものとさほど変わりはないようです。

ただ、F社がキャッシュフロー中心で、家計簿感覚で簿記を知らなくても処理できるイメージなのですが、MFクラウドは、良くも悪くも、より「会計ソフト」っぽく、長年、複式簿記の世界で育った私のとしては、より馴染みやすい印象でした。

また、クラウド会計ソフトは、一処理ごとや、画面の切り替えなどのネット接続の際の微妙なタイムラグもあるものですが、MFクラウドのほうが、シンプルな設計のためか、0.01秒程度はスムーズな印象でもあります。(注:私の全くの感覚値です)
加えて、補助科目の設定など、細部の使い勝手についても、MFクラウドの方がよい印象です。

F社のものは、見た目はユーザーフレンドリーな設計で、決して悪くはないのですが、長く使っていると、「ざっくりと粗い」部分も目立ち、会計ソフトに求められる無機質感も乏しいため、やはり総合的に見るとMFクラウドに軍配が上がるという印象です。

ということで、しばらくはMFクラウドとお付き合いしてみようと思います。

<続く>